« エンハンスト・キャッシュ・ファンドを凍結 | トップページ | 高級店の年末商戦が苦戦(米国) »

2007.12.11

短期金融市場の現在の貸出金利(ECB)

 ビニ・スマギ理事(ECB)の講演(10日)

    場  所   フィレンツェ(イタリア)
    要  件   銀行業界の会合

(発言概要)

 短期金融市場の現在の貸出金利は年末の流動性不安を反映しているが、高過ぎると指摘した上で、ECBをはじめとする各中銀は金融市場における流動性の安定を引き続き確実にしていく。

 また、米市場における住宅ローンのデフォルト増加の影響がユーロ圏でに信用収縮につながっている兆候は見られないと述べた。
 信用収縮が進むなかで銀行の資金需要が高まり、3週間物ユーロ建て貸出金利は2001年10月以来の高水準まで上昇した。

 欧州で現在、信用収縮が存在すると結論できないと指摘し、だからといって、あまり好ましくない展開が今後ないということを意味するのではない。

 信用市場を引き続き注視することが重要だと語った。

« エンハンスト・キャッシュ・ファンドを凍結 | トップページ | 高級店の年末商戦が苦戦(米国) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17337251

この記事へのトラックバック一覧です: 短期金融市場の現在の貸出金利(ECB):

« エンハンスト・キャッシュ・ファンドを凍結 | トップページ | 高級店の年末商戦が苦戦(米国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ