« 外貨取引にかかる税金は | トップページ | 幾分か軟調な環境を相殺させる政策はない »

2007.12.01

中国建設銀行

 中国建設銀行(時価総額 世界2位)の発表(1日)

 中国建設銀行はオーストラリアで産出される一次産品に対する中国の需要が増えている機会をとらえるため初のオーストラリア支店をシドニーに開設した。

 張建国社長(建設銀)の発言(1日)
          (中国政府のウェブサイト)

(発言概要)

 中国・オーストラリア2国間の貿易促進によりオーストラリアに恩恵をもたらすと予想している。
 また、オーストラリア企業に対し中国での事業拡大を支援していくと述べた。

 中国は日本を抜いて、現在はオーストラリアの貿易相手国としてトップとなっている。
 中国によるオーストラリアからの石炭、鉄鉱石、羊毛などの輸入は今年、4年連続で過去最高に達する可能性が高い。

 資源輸出用の港湾施設の供給能力や輸送施設の整備が急務となっており、日本の商社等の受注にも注目したい。豪の旱魃による穀物生産の大幅減少による景気後退と鉱物資源の輸出等による経済波及効果を考えれば豪ドルの下支えは続きそうだ。

« 外貨取引にかかる税金は | トップページ | 幾分か軟調な環境を相殺させる政策はない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17244081

この記事へのトラックバック一覧です: 中国建設銀行:

« 外貨取引にかかる税金は | トップページ | 幾分か軟調な環境を相殺させる政策はない »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ