« 景気とインフレのリスク | トップページ | バレル90ドル割れ »

2007.12.01

サブプライム住宅ローンの変動金利を一時的に固定する案

 カントリーワイド・ファイナンシャル(米住宅金融最大手)の株価が急伸し一時は前日比29%上昇した。

 米国財務省と銀行がサブプライム住宅ローンの変動金利を一時的に固定する案を模索していることが明らかになったことから買いを誘った。

 同案は過去最高水準にある住宅ローン担保物件の差し押さえに絡んだ損失に歯止めをかけることが狙い。

 ポールソン財務長官率いる規制当局は不履行の危機に直面している住宅ローンの条件変更について貸し手側と合意すれば、住宅金融会社やモーゲージ保険会社が恩恵を受けると判断しているようだ。

 ベアー総裁(米連邦預金保険公社 FDIC)はサブプライムローンの借り手で

    金利変更(リセット)

に対応できない住宅保有者を対象に、金利を少なくとも5年間固定する案を示した。

   

« 景気とインフレのリスク | トップページ | バレル90ドル割れ »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17238056

この記事へのトラックバック一覧です: サブプライム住宅ローンの変動金利を一時的に固定する案:

« 景気とインフレのリスク | トップページ | バレル90ドル割れ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ