« ユニバーサルバンク | トップページ | 企業と個人の海外投資を支援、緩和 (中国) »

2007.12.23

小惑星衝突の確率75分の1

 米国航空宇宙局(NASA)は21日、直径50メートルほどの小惑星が、来年1月30日に75分の1の確率で火星に衝突する可能性があると発表した。

 この小惑星は

     2007WD5

という名前で今年11月に発見され、地球に接近してくる小惑星の

     監視リスト

に載せられていたもので、現在は地球と火星の間を飛んでいるが、最新の計算結果によると、火星の公転軌道を時速4万5000キロ・メートルで横切り、火星の5万キロ・メートル以内に近づくことがわかった。

 もし、火星に衝突した場合は、直径1キロ・メートル程度のクレーターを火星の表面に作ると予想され、火星表面で調査中の探査車両2台を使ってのデータ収集の準備が行われているようだ。

 火星には同規模の小惑星が1000年に1度ぐらいの頻度で衝突しているとみられている。

  

« ユニバーサルバンク | トップページ | 企業と個人の海外投資を支援、緩和 (中国) »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17456036

この記事へのトラックバック一覧です: 小惑星衝突の確率75分の1:

« ユニバーサルバンク | トップページ | 企業と個人の海外投資を支援、緩和 (中国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ