« 逆張り投資 | トップページ | 米国のリセッション »

2007.12.15

エタノール生産のマージンは縮小し業界は低迷するかも(米国)

 バーンスティンリサーチの発表(13日)

 米国のエタノール業界は、2008年に供給過剰分の輸送がメキシコ湾岸の貯蔵能力や輸送インフラの不足を理由として挙げ困難な状況に陥るとの見通しを示した。

 エタノール業界はこの2年間でほぼ2倍の規模に拡大し、ことしは供給が急増し需要の伸びを上回ったことから、エタノール生産のマージンは縮小、業界は低迷に向かうリスクにさらされているようだ。

 サトウキビやトウモロコシを原料とする代替燃料は08年も供給過剰な状態が続く

     可能性が高い

と予想しており、ガソリンに混合されるエタノールは、別の流通網を必要とされる。

 米国では 08年には85億ガロンの代替燃料を消費することが義務付けられているが、メキシコ湾のインフラが不十分であることから、この目標を達成することは困難であるとのこと。

« 逆張り投資 | トップページ | 米国のリセッション »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17370482

この記事へのトラックバック一覧です: エタノール生産のマージンは縮小し業界は低迷するかも(米国):

« 逆張り投資 | トップページ | 米国のリセッション »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ