« ミャンマーで鳥インフルエンザ | トップページ | ファイナンシャルプランナー »

2007.12.30

ユーロが基軸通貨となる日

 欧州単一通貨ユーロをキプロスとマルタが08年1月1日から導入する。

 ユーロは、サブプライム問題が影響する前から米国の貿易赤字の問題や好調に拡大する欧州経済圏の影響から米ドルや円に対し高値で推移しており東欧の大国ポーランドが加盟に慎重だった態度を一転させるなど求心力も高まっている。
 ユーロは米ドルに対抗する

     基軸通貨

として存在感を一気に強めているようだ。
 欧州経済の拡大により財政赤字削減などのユーロ加盟条件をクリアしやすくなったことが背景としてあるようだ。

 06年、紙幣流通残高では米ドルを抜き、経済統合の遅れ等による景気低迷で00年には1ユーロ=80円台まで下落していたものの現在は165円前後と2倍となった。

 為替市場では、一気に1ユーロ=180円台を目指すとの見方もあり、米ドルの下落により石油収入が減少している産油国も石油の取引通貨として変更する可能性は捨てきれず、クウェートは為替制度を米ドルに連動させる方式からユーロなど複数の通貨の動きに合わせる

    通貨バスケット

に変更している。
 他の湾岸諸国も同様の方式を検討し始めており、外貨運用でもユーロの比重を増やしている。  

 欧州中央銀行はインフレを警戒するが、米国のサブプライムローン問題などで景気の先行きには不透明感も漂うため、ユーロが評価されるほどECBの金融政策運営は難しくなるとの見方も強い。

« ミャンマーで鳥インフルエンザ | トップページ | ファイナンシャルプランナー »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17521166

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロが基軸通貨となる日:

« ミャンマーで鳥インフルエンザ | トップページ | ファイナンシャルプランナー »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ