« 為替相場についての新たなコンセンサス | トップページ | スイス国立銀行(SNB)は金利据え置き »

2007.12.13

チリで同日、マグニチュード(M)6以上の地震が2回発生

 米国の地質調査所(USGS)は13日、チリで同日、マグニチュード(M)6以上の地震が2回発生したと発表した。

 これまでのところ死傷者や建物への損壊に関する報告はない。

 現地時間午前4時 23分(日本時間午後4時23分)にM6.2の地震が発生した。

 震源地はチリ北部の都市アントファガスタの北73キロで、首都サンティアゴの北1167キロの地点と見られる。

 震源の深さは59キロという。

 またUSGSによれば、この地震の約2時間前に、アントファガスタの北55キロでM6の地震が発生した。
 震源の深さは40キロであった。

   

« 為替相場についての新たなコンセンサス | トップページ | スイス国立銀行(SNB)は金利据え置き »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17358441

この記事へのトラックバック一覧です: チリで同日、マグニチュード(M)6以上の地震が2回発生:

« 為替相場についての新たなコンセンサス | トップページ | スイス国立銀行(SNB)は金利据え置き »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ