« 米政府資金による住宅保有者救済は必要なし | トップページ | イングランド銀行、緊急資金支援を拡大 »

2007.12.18

スポット原油価格

 原油や石油製品を1回限りの取引で購入するときの価格のこと

 取引市場としてはオランダのロッテルダムが最大市場といわれています。
 東京やカリブ海沿岸諸国にも小規模ながらも市場は存在します。

 こうした市場ができた理由は、産油国が取引外に生産が増加した場合や石油会社が特定油種在庫が増加あるいは不足することがあり、短期契約で処理する必要が生じるためです。

 1985年まではOPECの政府販売価格(GSP)による長期契約が市場の大部分を占めていましたが、83年以降から、ヨーロッパではイギリスが安値のスポット販売に対し有利な税制を採用したため、現在ではOPECもスポット価格を基本とした市場連動価格方式を全面的に採用しています。

« 米政府資金による住宅保有者救済は必要なし | トップページ | イングランド銀行、緊急資金支援を拡大 »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16972683

この記事へのトラックバック一覧です: スポット原油価格:

« 米政府資金による住宅保有者救済は必要なし | トップページ | イングランド銀行、緊急資金支援を拡大 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ