« カナダが利下げ | トップページ | サステナビリティー »

2007.12.05

SWFの動きに注視

 キミット財務副長官の講演(4日)

    場  所  バーレーン
    要  件  米・湾岸協力会議(GCC)投資フォーラム

(発言概要)

 新たな世界資本の源となっている

    政府系ファンド(SWF=ソブリン・ウェルス・ファンド)

ならびに保護主義の高まりが金融市場を混乱させないよう注視する必要があるとの見解を示した。

 SWFはこれまでのところ政治的論争に発展することなく、より高い投資リターンを生むことを目指してきたと指摘したうえで、SWFの数や規模が最近速いペースで増加していることから、注目度が高まるとともに懸念も生じているとした。
 キミット副長官は政府系ファンドが好ましくないマクロ経済政策を続けることにならないよう、また、通貨の上昇を防ぐための海外資産の蓄積に使用されないよう監視することが重要だとの見解を示しました。

« カナダが利下げ | トップページ | サステナビリティー »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17277797

この記事へのトラックバック一覧です: SWFの動きに注視:

« カナダが利下げ | トップページ | サステナビリティー »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ