« 幾分か軟調な環境を相殺させる政策はない | トップページ | 証券市場の価格発見 »

2007.12.02

外交主導権を奪取しようとする新外交戦略(中国)

 中国が米国のルーベンジェームズ(フリゲート艦)やキティホーク(航空母艦)の香港寄港を11月に拒否した問題で米中軍事交流に微妙な影を落としているようだ。

 香港誌「亜洲週刊」最新号によると、この入港拒否が中国側の単純ミスではなく、中国最高指導部が硬軟両様を用いて

  外交主導権を奪取しようとする新外交戦略に転じた結果

との見方が出てきている。

 中国当局がキティホークの香港寄港を拒否した後に許可した背景は、11月20日午前に軍トップである胡錦濤中央軍事委主席が召集した外務省、中央軍事委の幹部を集めた会議で決定した硬軟入り交じった揺さぶりによる新外交戦略の結果であるとも報じている。

  

 劉建超報道官(中国外務省)は、29日、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が10月訪米時に議会でメダル授与されたことや米国が台湾へ武器売却を決定したことを挙げて米側を非難、寄港拒否の理由との見方を示した。

  

 ワシントン・タイムズは米艦の香港寄港拒否問題がネット基盤製造会社の

      スリーコム社 (米国)

を買収しようとしている中国の華為技術有限公司の動きに影響があると報じており、米中両国の軍事交流に微妙なきしみをもたらし始めている。

   

« 幾分か軟調な環境を相殺させる政策はない | トップページ | 証券市場の価格発見 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17248645

この記事へのトラックバック一覧です: 外交主導権を奪取しようとする新外交戦略(中国):

« 幾分か軟調な環境を相殺させる政策はない | トップページ | 証券市場の価格発見 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ