« 為替マリー(Exchangemarry) | トップページ | ユーロ圏の景気減速の懸念はない »

2008.01.29

88%織り込

 FOMCは29、30日に政策決定会合を開催する。

 決定はワシントン時間

    30日午後2時15分(日本時間31日午前4時15分)ごろ

に発表される予定だ。

 今回の会合では向こう3年についての最新の景気予測についても話し合われるとされている。

  香港からロンドンまで、21日には世界的に株価が下落していた。FOMCは22日に0.75ポイントの緊急利下げを実施したため底値のサポートが効いている。
 なお、 金利先物 金利先物の動向は、FF金利が年央までに少なくとも2.25%まで下がるとの予想を示唆しているようだ。

 30日の0.5ポイント利下げの確率は88%織り込まれており大きく変化する要素は少ない。

 エコノミストは2007年10-12月(第4四半期)の個人消費支出(PCE)コア価格指数が前年同期比2.5%上昇だったと予想しているようだ。

 

« 為替マリー(Exchangemarry) | トップページ | ユーロ圏の景気減速の懸念はない »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17887514

この記事へのトラックバック一覧です: 88%織り込:

« 為替マリー(Exchangemarry) | トップページ | ユーロ圏の景気減速の懸念はない »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ