« トレーディング損失 | トップページ | 信用逼迫では経済成長を損ねず »

2008.01.25

利下げの可能性をめぐる議論(ECB)

 ソルベス経済・財務相(スペイン)の発言(24日)

 金融市場の混乱を受け、ECBのなかで

      利下げの可能性をめぐる議論

があることを明らかにした。

 ECBのなかで、利下げを行うべきかをめぐって深刻な議論があることは本当だと語った。
 ECBはFRBよりも若干幅広い金融政策手段を有しているとした上で、ECBは欧州でのインフレ問題をより重視しているため、金利をより高い水準で維持していると述べた。

 なお、ECBは、目先の利下げについて何ら示唆していないし、ソルベス財務相はECB理事会メンバーではないし、トリシェ総裁(ECB)は23日に、市場の調整を受けて、ECBは引き続きインフレ抑制に重点を置く必要があるとの発言をしており、金融市場は、ECBによる目先の利下げの可能性は少ないと解釈した動きとなっており、方向性が若干異なる発言であった。

    

« トレーディング損失 | トップページ | 信用逼迫では経済成長を損ねず »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17820824

この記事へのトラックバック一覧です: 利下げの可能性をめぐる議論(ECB):

« トレーディング損失 | トップページ | 信用逼迫では経済成長を損ねず »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ