« 大幅な金利引き上げを控えるべき (豪) | トップページ | 非常に急激な降下の局面 »

2008.01.09

G13

 サルコジ大統領(フランス)の発言(8日)

 世界の途上国の成長を反映し、世界の人口の半分を無視したまま、世界中の大きな諸問題に対処できるというのはおかしな考えであり、現在の主要8カ国(G8)の枠組みを13カ国に拡大すべきだとの認識を示した。

 現在は米国、英国、日本、ドイツ、フランス、イタリア、カナダ、ロシアで構成するG8に、中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ共和国の5カ国が加わるべきだとの考えを示した。

  G8は、1970年代半ばにG5としてスタートし、80年代にイタリアとカナダが加わった。その後、ロシアの参加によりG8に拡大した。

« 大幅な金利引き上げを控えるべき (豪) | トップページ | 非常に急激な降下の局面 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17628455

この記事へのトラックバック一覧です: G13:

« 大幅な金利引き上げを控えるべき (豪) | トップページ | 非常に急激な降下の局面 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ