« 経済の負の側面 | トップページ | 中銀のネットワークは臨機応変に対応(ECB) »

2008.01.08

景気を優先事項とすべき

 インターナショナル・ヘラルド・トリビューン(IHT 8日)

 ラガルド財務相(フランス)がインタビューで、欧州中央銀行(ECB)は政策金利を決定する際にインフレよりも景気を優先事項とすべきだとの見解を示したと報じた。

 原油価格上昇と米国経済の減速見通しを

     心地よいものではない

としながらも、2007年の仏経済成長率見通しを2-2.5%で据え置いた。

 また、フランスが次回の7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で通貨を議題に上げることを目指すと語った。

 IHTによれば、同相は米ドルと円、中国人民元について議論される可能性があると述べた。

« 経済の負の側面 | トップページ | 中銀のネットワークは臨機応変に対応(ECB) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17623715

この記事へのトラックバック一覧です: 景気を優先事項とすべき:

« 経済の負の側面 | トップページ | 中銀のネットワークは臨機応変に対応(ECB) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ