« 人民元の上昇ペース加速を容認する | トップページ | インフレ懸念が金融緩和の障害 »

2008.01.05

イングランド銀行は利下げの見込み

 ジョージ・ジョンズ氏の発言(4日)
   バークレイズ・キャピタルのエコノミスト

(発言概要)

 イングランド銀行が年内に3回利下げを実施する可能性があるとし、これまで2回だけとしていた見通しを修正した。

 英国経済の需要は実際に減速していると指摘し、金融政策を引き締め的に維持する理由はないため、イングランド銀は機先を制して行動するだろうとの見方から1月10日と2月7日、4月10日に開かれる金融政策委員会(MPC)で政策金利がいずれも0.25ポイント引き下げられ、現行の5.5%から最終的には4.75%になるとの見通しを示した。

 なお、イングランド銀は12月、ここ2年余りで初めて利下げに踏み切った。

« 人民元の上昇ペース加速を容認する | トップページ | インフレ懸念が金融緩和の障害 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17582173

この記事へのトラックバック一覧です: イングランド銀行は利下げの見込み:

« 人民元の上昇ペース加速を容認する | トップページ | インフレ懸念が金融緩和の障害 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ