« 途上国での原油需要の増加 | トップページ | サブプライム住宅ローン証券の再評価(中国) »

2008.02.04

CREのリスク

 ゴールドマン・サックスは、米国の銀行は2008年に

   商業用不動産(CRE)

および

   エキゾチック・モーゲージ・ローン
     (複雑な仕組みで組成されたモーゲージローン)

で600億ドルの評価損が生じるとの見通しを明らかにしました。  

 また、FRBによる金融緩和にもかかわらず

     クレジット懸念

が金融機関の相対的な業績を左右する要因になるとの見方を示しました。

 ゴールドマンは、CRE、サブプライム以外の住宅ローン、消費者ローン、企業向けローンから生じるクレジット損失は3300億ドルに達する見込みで、サブプライム関連損失の2210億ドルを上回ると予想しているようです。
 信用喪失はサブプライム、モノラインに続いてCREやALT-Aに関するリスクが顕在化して強くなっていく流れが出てきそうです。

 

« 途上国での原油需要の増加 | トップページ | サブプライム住宅ローン証券の再評価(中国) »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17956087

この記事へのトラックバック一覧です: CREのリスク:

« 途上国での原油需要の増加 | トップページ | サブプライム住宅ローン証券の再評価(中国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ