« インフレに神経を集中 (FRB) | トップページ | 極度の過労で脳下垂体の細胞が次々と死滅 »

2008.02.16

追加利下げ観測 (カナダドル)

 カナダ国債相場は上昇、カナダ・ドルは下落した。

 15日に発表されたカナダの昨年12月の製造業出荷は2003年以来最大の落ち込みとなった。
 これを受け、同国通貨は追加利下げ観測が高まったことから売られ、国債は買われた。

 14日発表の昨年12月の貿易統計では黒字額が9年ぶり低水準にとどまった。

 カナダ・ドルは、主要16通貨すべてに対して下落した。

 市場ではカナダ経済の状況について、商品市況の軟化から新たな弱気筋が浮上し初めており、カナダ中央銀行の次回政策決定会合で0.5ポイントの利下げが行われる可能性が解消されない。

 なお、中銀の次回会合は3月4日に開催される。

« インフレに神経を集中 (FRB) | トップページ | 極度の過労で脳下垂体の細胞が次々と死滅 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追加利下げ観測 (カナダドル):

« インフレに神経を集中 (FRB) | トップページ | 極度の過労で脳下垂体の細胞が次々と死滅 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ