« モノラインの信用崩壊によるリスクは津波規模 | トップページ | 積極的な利下げはインフレ高進させる »

2008.02.08

インフレが輸出

 米国金融当局による利下げの世界各国への影響について6日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューにドイツ語で答えたもの
アンドルー・ボソムワース氏の発言
 PIMCO(債券ファンド最大手)のファンドマネジャー

 米国の利下げが他国、特にドル・ペッグ(変動)制を採用している国に、とりわけ為替レートを通じて

    インフレが輸出

される。
 例えば、カタールやサウジアラビアといった中東の国が該当する。

 ドル・ペッグ制を採用していない国は、内需の安定が続いている場合に限り

    利下げの流れに逆らうこと

ができる。
 貿易や天然資源の輸出を通じて中国とつながりがあるオーストラリアやインドネシアは、特にこれが当てはまる。

 有利な立場を維持するとすれば中国が為替を元高の流れを維持し国内インフレを鎮静化させる動きを継続する可能性が高そうだ。

« モノラインの信用崩壊によるリスクは津波規模 | トップページ | 積極的な利下げはインフレ高進させる »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40041604

この記事へのトラックバック一覧です: インフレが輸出:

« モノラインの信用崩壊によるリスクは津波規模 | トップページ | 積極的な利下げはインフレ高進させる »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ