« モノラインの信用低下の影響 | トップページ | 欧州株価急落で欧州通貨が大きく売られた »

2008.02.05

為替問題が主要議題の1つに

 内海孚社長(日本格付研究所 元財務官)はブルームバーグ・ニュースのインタビューで、9日に東京で開かれる7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で

   米ドル安や人民元の切り上げなど

為替問題が主要議題の1つに上る可能性を指摘した。
 共同声明に為替の安定の必要性を前面に押し出す表現が盛り込まれるとの見通しを示した。

 また、今回のG7の焦点となるサブプライム住宅ローン問題への対応では、同問題に端を発した金融市場の混乱と実体経済への悪影響を回避するための協力体制を市場に示すことが重要と指摘した。

 ただ、各国の経済状況から見ると利害関係の調整の必要から協調利下げなどの具体的な対応策を打ち出すのは困難との考えられる。

  

« モノラインの信用低下の影響 | トップページ | 欧州株価急落で欧州通貨が大きく売られた »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40006332

この記事へのトラックバック一覧です: 為替問題が主要議題の1つに:

« モノラインの信用低下の影響 | トップページ | 欧州株価急落で欧州通貨が大きく売られた »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ