« インフレギャップ (inflationary gap) | トップページ | バークシャーの再保証 »

2008.02.13

再保証の混乱が止まるか

 投資家ウォーレン・バフェット氏が申し出た

    地方債8000億ドル(約85兆 8200億円)相当

の再保証が信用市場の混乱収束につながるとの観測から、S&P500種株価指数は上昇した。

 年初から前日まででは、金相場が11%上昇したのに対し、S&P500種は8.8%下落していた。
 これはサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローンや住宅市場の混迷がリセッションへの警戒感を高めたのが背景となっていた。

 バフェット氏は、モノラインの一部である地方債を買うものの直接サブプライムへの投資を行っておらず、上値は限定的で短期間にこの上昇は止まるかもしれない。追加の支援策などのイベントが続かなければ逃げ足は速くなる見込み。

« インフレギャップ (inflationary gap) | トップページ | バークシャーの再保証 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40106775

この記事へのトラックバック一覧です: 再保証の混乱が止まるか:

« インフレギャップ (inflationary gap) | トップページ | バークシャーの再保証 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ