« サブプライムの投資損失が半年で3倍に拡大 | トップページ | ユーロ買いの展開を予想 »

2008.02.17

国際投資の規制強化は米国経済にマイナス

 マコーミック財務次官(国際金融担当)の講演(15日)

   場  所  ハノーバー(ニューハンプシャー州)

(発言概要)

 国内であれ海外であれ、国際投資の規制強化につながる保護主義圧力は

     米国の競争力に悪影響

を及ぼし米国経済にとって打撃となる可能性があると述べた。

 米国の労働者は米企業の海外投資から恩恵を受けていると指摘し、外国からの対米投資を制限すれば報復を受ける可能性がある。

 そのため究極的には米国経済にとって悪影響を及ぼすとの見方を示した。

 政府系ファンド(SWF)の対米投資については、政治的な動機によるものや、金融の安定への脅威となる場合は懸念されるが、そのような証拠はほとんどないと強調した。
   
 米国議会が規制強化に対し積極的な姿勢を示し法案等が提出されており、政府として資金流入が細ることにより債権や株価の下落を誘発することになれば米ドルの価格が暴落するリスクが高まり世界経済への波及から恐慌が起きる可能性も捨てきれない。

   

« サブプライムの投資損失が半年で3倍に拡大 | トップページ | ユーロ買いの展開を予想 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40157988

この記事へのトラックバック一覧です: 国際投資の規制強化は米国経済にマイナス:

« サブプライムの投資損失が半年で3倍に拡大 | トップページ | ユーロ買いの展開を予想 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ