« 積極的な利下げはインフレ高進させる | トップページ | G7各国閣僚の世界経済の混乱への対応についての見解は一致していないようだ »

2008.02.08

モノラインを救済すべきか?

 ビル・グロス氏
 (PIMCO 投資責任者)

 米国の政府に対しアムバック・ファイナンシャル・グループなどモノラインを救済すべきではないと呼び掛けた。
 破綻を容認できないとする考え方にとらわれてはならないとしている。

 フィナンシャル・タイムズ(FT 英紙 8日)の寄稿文

 アムバックにとって良いことが米国にとっても良いことという考えは単なる間違いだと指摘した。
 世界秩序の頂点にとどまろうとする米国が、工業化から金融化へ国内経済が転換した事実に直面する中、こうした気質が再び浮き彫りになったとの分析を示した。

 モノラインについて、当初は地方債などだけを保証していたが、現在では多岐にわたる金融資産を保証しており

     測りきれない規模のバブル

を助長したと記した。
 近代的な金融をベースとする米国経済は、主力産業による支えもなく世界の繁栄を保証してきたといわれるが、モノラインの救済も超低金利もここ数年続いた高い経済成長率の復活を後押しすることはできないだろうと結論付けた。

« 積極的な利下げはインフレ高進させる | トップページ | G7各国閣僚の世界経済の混乱への対応についての見解は一致していないようだ »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40047453

この記事へのトラックバック一覧です: モノラインを救済すべきか?:

« 積極的な利下げはインフレ高進させる | トップページ | G7各国閣僚の世界経済の混乱への対応についての見解は一致していないようだ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ