« アブソープション分析(absorption approach) | トップページ | 最も必要のないもの »

2008.02.07

投資銀行に助言することを制限

 証券監督者国際機構(IOSCO

    ムーディーズ・インベスターズ・サービス
    スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)

の格付け会社による、仕組み債について投資銀行に助言することを制限する可能性があることが明らかになった。
 これは6日付の声明で明らかされたもので、格付け会社はサブプライム住宅ローン関連証券の格下げが遅れ、投資家の損失が膨らんだと批判されていた。

« アブソープション分析(absorption approach) | トップページ | 最も必要のないもの »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40025816

この記事へのトラックバック一覧です: 投資銀行に助言することを制限:

« アブソープション分析(absorption approach) | トップページ | 最も必要のないもの »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ