« より広範な信用収縮のリスク | トップページ | インフレ見通しの悪化が利上げの幅を拡大させる »

2008.02.20

外貨準備の投資経路の多様化

 中国人民銀行は19日より高い投資リターンを求めて1兆5000億ドル(約161兆円)の

    外貨準備の投資経路の多様化を図る方針

を明らかにした。

 中国企業や個人は保有する人民元を外貨に替え、さらなる海外資産への投資が可能になるようだ。

 中国の貿易黒字は1月に23%増の195億ドルになって外貨準備は過去最高水準に達していることから米ドルの暴落懸念など外貨保有に伴うリスクの分散を図り、経済摩擦の回避策としての投資手法を検討し始めたようだ。

 先月のインフレ率は7.1%と約11年ぶりの高水準を記録した。

 中国は外貨準備を運用する機関として昨年9月、2000億ドル規模の政府系投資ファンド(ソブリン・ウエルス・ファンド、SWF)

      中国投資公司(CIC)

を設立し、米証券モルガン・スタンレーや米投資会社ブラックストーン・グループの株式を購入している。

« より広範な信用収縮のリスク | トップページ | インフレ見通しの悪化が利上げの幅を拡大させる »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40190874

この記事へのトラックバック一覧です: 外貨準備の投資経路の多様化:

« より広範な信用収縮のリスク | トップページ | インフレ見通しの悪化が利上げの幅を拡大させる »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ