« 為替のカバー | トップページ | 利下げを実施することがほぼ確実 »

2008.02.01

ネガティブな動き

 東京外国為替市場では、米ドル・円が1ドル=106円台前半で揉み合う動きが続き膠着状態。
 米国の景気後退懸念が懸念されている中、海外時間に注目の米国の雇用統計の発表を控え、積極的な売買を手控える向きが多かった感じ。

 また、米国の金融保証会社の格下げ問題などに対する警戒感もあり、週末の米国株の動向を見極めたいとの意向が強かった。

« 為替のカバー | トップページ | 利下げを実施することがほぼ確実 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17920437

この記事へのトラックバック一覧です: ネガティブな動き:

« 為替のカバー | トップページ | 利下げを実施することがほぼ確実 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ