« コベナント違反の恐れ | トップページ | ヘッジファンドの運用成績が過去8年で最悪 »

2008.02.21

自動車部品メーカーの投資対象をしての魅力

 ウォールストリート・ジャーナル(WSJ オンライン版 米紙 20日)

 アナリストの話を基に伝えたところによると、日本の自動車部品メーカーの投資対象としての魅力が増していると報じた。

 日本の3大自動車メーカー

   トヨタ自動車
   日産自動車
   ホンダ

が今年、円高や米国の景気減速に苦しんでいるなかで、日本の自動車部品メーカーは米消費者の動向や円相場の変動に比較的影響を受けにくいと見られているとしている。

 また、自動車部品メーカーは、中国など新興市場の高成長に対応する準備もできていると同紙は説明している。

« コベナント違反の恐れ | トップページ | ヘッジファンドの運用成績が過去8年で最悪 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40206204

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車部品メーカーの投資対象をしての魅力:

« コベナント違反の恐れ | トップページ | ヘッジファンドの運用成績が過去8年で最悪 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ