« 世界的な貸し渋りの影響 | トップページ | グラミン銀行が米国へ進出 »

2008.02.17

解約を凍結

 シティグループ(米 金融大手)は15日

 傘下のクレジット・ヘッジファンド

    CSOパートナーズ
     (本拠 ロンドン 約5億ドル規模)

について、安定化を目的に投資家による解約を凍結することを明らかにした。

 同ファンドは2007年11月の損失が10%に膨らんで以降、投資家による解約が相次いでおり、ファンドマネジャーも辞職に追い込まれた。
 ファンドの成績は07年12月31日時点で、04年8月の設立から27%のリターンとしている。  

 広報担当者の声明

 ファンドの安定と今後の履行に向けた資金調達に対応するため、CSOのすべての償還を一時的に停止したと述べた。
 また、過去数週間でファンドに1億ドルの資金を注入し、さらに他の資金源を摸索していることも明らかにした。

« 世界的な貸し渋りの影響 | トップページ | グラミン銀行が米国へ進出 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40140023

この記事へのトラックバック一覧です: 解約を凍結:

« 世界的な貸し渋りの影響 | トップページ | グラミン銀行が米国へ進出 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ