« モノライン救済は実現の可能性が低い | トップページ | 不確実な環境に直面 »

2008.02.09

格付け会社に対する新たな規則

 コックス委員長(SEC)の発言(8日)

    要  件  証券関係の会議

(発言概要)

 投資家が米国のサブプライム住宅ローン関連損失を被ったことを受け、今後の

     証券評価の改善

に向けて格付け会社に対する新たな規則を検討していることを明らかにした。
 これまでの格付けがデフォルトリスクをきちんと予測できたどうかを判断しやすくするため、新規則は

     過去の格付け

に関する情報開示を強化する内容になるだろうと述べた。
 また、仕組み金融商品と社債・地方債の格付けの違いについても対応する可能性があるとしている。

« モノライン救済は実現の可能性が低い | トップページ | 不確実な環境に直面 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40056750

この記事へのトラックバック一覧です: 格付け会社に対する新たな規則:

« モノライン救済は実現の可能性が低い | トップページ | 不確実な環境に直面 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ