« 預金保険機構 | トップページ | ヘッジファンドの破綻が今年、過去最高に達する可能性 »

2008.02.12

ポートフォリオの会計処理に重大な脆弱性

 米国の国債市場では10年債が上昇した。

 アメリカ ン・インターナショナル・グループ(AIG)が会計監査の結果

     クレジッ ト・デフォルト・スワップ(CDS)

に関するポートフォリオの会計処理に重大な脆弱性があることが明らかになったと開示した。

 これを受けて安全 資産買いが入った。         

      

 米国連邦公開市場委員会(FOMC)が3月18日の定例会合で少なくとも 0.5ポイントの利下げを実施するとの思惑を背景に、中長期国債は2営業日と しては昨年12月28日以来で最大の上げとなった。

 サブプライム住宅ローン関連証券の損失が拡大するとの思惑から、今年はどの 期間の米国債も過去20年で最高の滑り出しとなった。

 利下げによる経済的な恩恵に注目した資金が株式市場に流入しNY株式市場は上昇したものの景気拡大は年後半となる見込みであり、短期で再び売りが入る可能性もあり、リスクマネーの動きに注目すれば為替増場の変動も荒くなっていくかもしれません。
         

« 預金保険機構 | トップページ | ヘッジファンドの破綻が今年、過去最高に達する可能性 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40095338

この記事へのトラックバック一覧です: ポートフォリオの会計処理に重大な脆弱性:

« 預金保険機構 | トップページ | ヘッジファンドの破綻が今年、過去最高に達する可能性 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ