« 欧州株式市場は続伸 | トップページ | 経済の見通しは引き続き良好(スイス) »

2008.02.20

短期的な景気減速でのデカップリング(非連動性)は不可能

 ノワイエ総裁(仏中銀)の講演(19日)
   欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー

   場 所  パリ

(発言概要)

 米国の不動産セクターは国米経済の成長、ひいては影響拡大を通じて世界経済の成長に懸念をもたらしている。
 短期的な見通しには深刻な疑問がつきまとっているようであり世界景気、特にユーロ圏に及ぼす米国の景気減速の影響がそれであり、われわれが

     デカップリング(非連動性)

と呼ぶものが可能かどうかという疑問だ。
 これら経済は相互依存しており、当然のことながらどれも米国の景気減速の影響を避けることはできない。

 ユーロ圏が米国の景気減速の影響を回避できるかどうかが、政策担当者が直面する当面の重要課題だとの認識を示した。

« 欧州株式市場は続伸 | トップページ | 経済の見通しは引き続き良好(スイス) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40190804

この記事へのトラックバック一覧です: 短期的な景気減速でのデカップリング(非連動性)は不可能:

« 欧州株式市場は続伸 | トップページ | 経済の見通しは引き続き良好(スイス) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ