« Alt-Aクラスも投売り? | トップページ | 欧州株式は暴落 »

2008.03.06

物価安定の確保がECBの責務

 ツァイトラー副総裁(ドイツ連銀)の発言
   フィナンシャル・タイムズ紙(ドイツ版 6日付)

(発言概要)

 ECBが市場の混乱が始まった時期と重なる2005年後半─07年半ばにECBが8回の利上げを実施した点を挙げ

     金融市場の修正

は中央銀行の責任ではないと述べた。
 ECBと各国中央銀行は、何よりも物価安定の確保という第一義的な目標を追求するし、そうすべきだ。それによって期待も安定化し、信頼感が醸成されると指摘した。

 痛みを伴う修正局面の原因は不適切なリスク評価にあり、その責任は市場と市場参加者が負うべきだ。中銀が金融政策を通じて修正に備えた保険を市場に与えるとは予想すべきでないと述べた。

 実体経済に対する市場の混乱の影響がいまだ不透明な中、ECBは6日の理事会で金利を据え置くと予想されている。

 また、国際金融システムは深刻かつ長期にわたる耐久力テストを受けており、銀行のさらなる評価損計上の可能性も否定できないと述べた。

 ただ、スプレッドは依然昨年8月の水準には戻っていないものの、短期金融市場の緊張は年初以降緩和してきているとの認識を示した。

« Alt-Aクラスも投売り? | トップページ | 欧州株式は暴落 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40397966

この記事へのトラックバック一覧です: 物価安定の確保がECBの責務:

« Alt-Aクラスも投売り? | トップページ | 欧州株式は暴落 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ