« 欧州国債相場は上昇 | トップページ | アレンジャー (arranger) »

2008.03.15

投機の熱狂の終焉

 ジョン・ボーグル氏の発言(14日)
     米投資信託会社バンガード・グループの創設者

  要  件  ブルームバーグテレビジョンのインタビュー

(発言概要)

 ボーグル氏は、諸外国が大量の米資産を保有し、敵対的な国も米国の金融資産等を購入するといった

    投機の熱狂

が原因となり、海外投資家が米国経済に対しあまりにも大きな影響力を持つようになったとの見方を示した。

 米国は決して、このような事態に陥るべきではなかったとも語った。

 政府系ファンドによる投資が拡大するなか、一部の米国投資家や議員は海外ファンドの影響力に規制をかけるのは困難だろうとの懸念を抱いている。

 この発言は当然のことで、資金ショートしそうな環境のところに外部から資金を流入してくれたことにより信用不安が和らいだという事実を考えれば規制することにより大きな信用不安が具現化することになり世界恐慌が発生するリスクがあった考えるべきだ。

 中東や中国の国営ファンドはシティグループやメリルリンチなど米国企業の株式を取得した。

 ボーグル氏は、ロシアや中国、北朝鮮やイラクが友好国と考えるのは難しい。友好国にせよ敵対的な国にせよ、諸外国は米国で起こることに対し大きな支配力を持っていると語った。

« 欧州国債相場は上昇 | トップページ | アレンジャー (arranger) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40503387

この記事へのトラックバック一覧です: 投機の熱狂の終焉:

« 欧州国債相場は上昇 | トップページ | アレンジャー (arranger) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ