« 対中関係の改善 | トップページ | 政策金利は大きな緩和方向 »

2008.03.22

オペレーショナルリスク (operational risk)

 日常のオペレーションにおけるミスや 事故によって引き起こされる損失可能性のことを言います。

 具体的なものとしては、事務ミス、システム障害、不正、災害等が上げられます。ranking

 また、市場リスク、信用リスク以外の全て、という意味でOther Riskとも呼ばれています。
 当然、金融機関内では従来よりオペレーションに伴う損失の重大性を認知し、 撲滅しようとする様々な改善活動が進められてきました。 

 しかしながら、損失額や事故件数が確率的に生起するという 発想は全くといっていいほど日本の金融機関には存在していなかったようです。ranking

 そもそも、ミスや事故はあってはいけないもので、優秀で訓練された従業員が 誠心誠意取り組む仕事では
   人為的なミスがゼロということ
が当たり前であり、 起こった事故は例外的なものとするのが日本の金融機関の風土のようです。

 責任の所在を明らかないようなシステム自体を維持している経営サイド問題が最も大きく、逆に全員で責任を取るなどという考え方は、最も馬鹿げた風潮であり、責任のないものまで責任を取らされることになり矛盾した措置といえます。

 ただ、こうした思考にはコスト意識が欠如しており、問題の本質を覆い隠すことにつながります。ranking

 昨今の企業不祥事でも、本来、追及されるべき責任者でもない者(たまたま記者会見で説明を行う者)を追求するマスコミの姿勢も違和感を感じさせるものであり、頭を下げる映像は特に嫌悪感を持たせます。

 マスコミが追求するのであれば、その事案を行った当事の責任者等に取材すべきではないだろうか。安易な記者会見等を利用し取材も疎かなマスコミの怠慢としかいえないものに思われる。ranking

 
 

 

« 対中関係の改善 | トップページ | 政策金利は大きな緩和方向 »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40434905

この記事へのトラックバック一覧です: オペレーショナルリスク (operational risk):

« 対中関係の改善 | トップページ | 政策金利は大きな緩和方向 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ