« NYMEXの金先物相場は続落 | トップページ | SWFの運営根拠は商業的なもの »

2008.03.21

循環的な軟調局面

 ジェフリー・カリー氏(ロンドン在勤)らのリポート(20日)
     ゴールドマンのアナリスト

(概 要)

 原油価格は米国の経済成長が減速する影響を受けて商品市場から資金が流出すると予想しており、この春に1バレル=90ドルに向けて下落する公算が大きいとの見方を示した。
 商品相場は

      循環的な軟調局面

にあるとして、景気の状況と高価格が需要の重しとなり、ファンダメンタルズは4月に

       最低点に達する

だろうとの見方を示した。
 ただ、7-12月(下期)には相場が回復し、年末までに1バレル=105ドルの水準に戻ると予想している。

 リポートでは19日に金や原油を含め多種の商品相場が下落したことについて、今回の下落の幅の広さは、下落の原因が投機的なロングポジションの解消であることを示唆していると指摘した。

 商品市場には当面、このような投機資金による売りのリスクが続くとみられると述べている。   

 なお、カリー氏らは14日に、商品相場は向こう数年間には、爆発的に上昇する可能性があり、原油相場は1バレル=175ドルもあり得るとの見方を示していたが、今回のリポートでは景気後退の拡大を重視しており、価格を上昇見込みを引き下げており、今後も更に引き下げる動きが出てくるかもしれない。

« NYMEXの金先物相場は続落 | トップページ | SWFの運営根拠は商業的なもの »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40581510

この記事へのトラックバック一覧です: 循環的な軟調局面:

« NYMEXの金先物相場は続落 | トップページ | SWFの運営根拠は商業的なもの »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ