« リセッション入り | トップページ | リスクを過小評価する脳の領域 »

2008.03.26

エネルギーや食品価格の上昇に注視(ECB)

 トリシェ総裁(ECB)の証言(26日)

  要  件  欧州議会で証言

 (発言概要)

 インフレ率は3%を上回る比較的高い水準で推移している。最新の情報は、マネーや信用の力強い伸びが続く中、中期的に物価安定に上向きリスクが広がっているとのわれわれの判断を裏付けている。

 インフレに対する短期的な強い上方圧力は、主に

    エネルギーや食品価格の上昇

に起因している。

 今後も年間の大半を通じ、インフレ率は2%を大幅に上回る水準で推移する見込みであり、比較的高いインフレの局面は、予想以上に長期化しそうだ。

 キングBOE総裁の利下げ発言とは異なった経済情勢のようでポンドとユーロの乖離が続くかもしれない。

    

« リセッション入り | トップページ | リスクを過小評価する脳の領域 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40641758

この記事へのトラックバック一覧です: エネルギーや食品価格の上昇に注視(ECB):

« リセッション入り | トップページ | リスクを過小評価する脳の領域 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ