« 地質学科の卒業生に支払う報酬が大幅増加 | トップページ | チベットの暴動拡大 »

2008.03.14

MENA(ミーナ)

 日本で約1500兆円の金融資産を抱える個人投資家は、新たな投資先として

    MENA(Middle East and Norht Africa:中東・北アフリカ)地域

に目を向けさせるべく、信託型ドバイ株ファンドやMENA地域を投資対象にした公募投信が次々に登場している。

 世界的なエネルギー価格の高騰で巨額の利益を蓄え、同時に経済成長を続けるMENA地域は、東南アジアに匹敵する時価総額を有している。  

 また、日本人が現地の証券会社や投資銀行に口座を開設するケースも増えており、日本株低迷で運用難に陥っている個人投資家が投資先を海外に向け始める流れが続いている。

 ドバイなどは欧州と東京・上海市場の中間の時間帯を埋める金融センターとしての機能が期待され高層ビルの建設ラッシュが続いている。

  

« 地質学科の卒業生に支払う報酬が大幅増加 | トップページ | チベットの暴動拡大 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40498843

この記事へのトラックバック一覧です: MENA(ミーナ):

« 地質学科の卒業生に支払う報酬が大幅増加 | トップページ | チベットの暴動拡大 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ