« IPOの実施日を1日前倒し | トップページ | オーバーアロットメント (overallotment) »

2008.03.17

追加の評価損を計上

 フィナンシャル・タイムズ(FT、オンライン版 英紙 17日)

 米国の投資銀行であるゴールドマン・サックス・グループ、モルガン・スタンレー、リーマン・ブラザーズ・ホールディングスなどが、週内に予定されている第1四半期決算の発表時に、追加の評価損を計上する可能性があると報じた。

 ゴールドマンとモルガンの2社は、LBO向け融資で少なくとも

    10億ドル(約960億円)

の追加評価損を計上するとみられている。
 また、リーマンも巨額の評価損を出す可能性がある。

 ドイツ銀行の複数のアナリストからの情報として、これらの損失は、プライベートエクイティ(未公開株)投資グループへのLBO向け融資に関連していると伝えた。

 米国の投資銀行や商業銀行は、上期中に90億ドルを上回る追加損失を発表する見込みという。

« IPOの実施日を1日前倒し | トップページ | オーバーアロットメント (overallotment) »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40538766

この記事へのトラックバック一覧です: 追加の評価損を計上:

« IPOの実施日を1日前倒し | トップページ | オーバーアロットメント (overallotment) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ