« エネルギーや食品価格の上昇に注視(ECB) | トップページ | ドレスナー銀行を完全買収か »

2008.03.26

リスクを過小評価する脳の領域

 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(Federal Polytechnic University EPFL)の研究チームは、人が

      リスクを過小評価

するときに活発になる脳の領域を特定したという。

 脳機能イメージングによって、常にリスクが変化し続ける単純なギャンブル課題を遂行している人の脳の活性を測定したところ

    前  島

と呼ばれる脳の領域の初期の活性が、リスク予測の間違いと関連していたことが分かった。

 リスクを過小評価する領域があれば、逆に過大評価する領域もあるのかも知れない。どちらにしても外部環境の動きで大きく変化する場合には影響があるかもしれない。

« エネルギーや食品価格の上昇に注視(ECB) | トップページ | ドレスナー銀行を完全買収か »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40642119

この記事へのトラックバック一覧です: リスクを過小評価する脳の領域:

« エネルギーや食品価格の上昇に注視(ECB) | トップページ | ドレスナー銀行を完全買収か »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ