« 米国のリセッションの影響 | トップページ | M2.0規模のフレアを確認 »

2008.03.29

大規模な資金供給

 欧州中央銀行(ECB)の発表(28日)

 米国のサブプライム住宅ローン問題で揺れる欧州の短期金融市場への対応策として

     計1500億ユーロ(約23兆6000億円)

の大規模な資金供給に踏み切ると発表した。

 また、米連邦準備制度理事会(FRB)も同日、1000億ドル(約10兆円)の追加供給を4月も継続すると発表した。

 ECBの大量の供給は昨年12月中旬に越年対応のため、計約1300億ユーロの実施を決めて以来の規模となっている。

 今回は4半期決算の期末を控え、金融機関の経営悪化説が飛び交う中、信用不安の沈静化のため追加供給を図るのが狙いだ。  

 ECBは、6カ月物の資金として250億ユーロを計2回、3カ月物として500億ユーロを計2回、4月上旬から順次実施することを予定している。

 なお、イングランド銀行(中央銀行 BOE)も27日に資金供給を実施した。

« 米国のリセッションの影響 | トップページ | M2.0規模のフレアを確認 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40673208

この記事へのトラックバック一覧です: 大規模な資金供給:

« 米国のリセッションの影響 | トップページ | M2.0規模のフレアを確認 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ