« 対ドルペッグ制の放棄 | トップページ | 緊急利下げ? »

2008.03.11

キャリー解消

 NY時間帯、外国為替市場では円が上昇した。

 信用市場の損失拡大を受け、投資家は低金利の円で資金を調達し、高金利通貨で運用するキャリー取引を解消したのが背景となった。
 米国内でなお続くネガティブなセンチメントを反映したリスク回避が円に有利に働いている。

 欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁が「現在の環境における為替相場の過度の変動を懸念している」と述べたのが手掛かりとなり米ドルは対ユーロで上昇した。

 ベアー・スターンズ(米証券大手)の株価が資金不足の憶測を材料に下落した影響から、円は対ドルで8年ぶり高値に迫った。
 また、他の主要通貨に対しても上値を伸ばした。

 ベアー・スターンズの広報担当は流動性に関する憶測には

     根拠がない

と答えた。

« 対ドルペッグ制の放棄 | トップページ | 緊急利下げ? »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40461225

この記事へのトラックバック一覧です: キャリー解消:

« 対ドルペッグ制の放棄 | トップページ | 緊急利下げ? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ