« MBS買い支えに公的資金投入か? | トップページ | キャリー取引が活発化 »

2008.03.24

エコノフィジックス (econophysics)

  エコノフィジックスとは、経済現象に関連したデータを
      物理学の概念と 手法
を用いて解析する新しい研究分野のことです。ranking

 為替レートの変動のデータからは、1分程度の時間スケールで観測すると
      単純なランダムウォーク
とは異なる様々な特徴をその動きから見出すことができ、 それに基づいた新しい市場価格の数理モデルが構築されてきました。ranking

 また、ミクロな市場モデルからインフレのようなマクロな現象を記述する方程式を 導くことも可能となります。
 こうしたことからミクロ経済学とマクロ経済学を橋渡しするような成果も出てきています。ranking

 ただ、相場の動きを観察して、動きの特徴を理論化したものですから実際に起きた動きを論理付けするもので、動きのパターンの特徴から今後の動きを予想するにしても、理屈をつけ比較論的に確率を高めるものの、逆に確率の低い動きになることもあり、動きを読むことは理数処理をしても確実に向上する場合だけとは限りません。たがら、人の心理の機微を読むことも需要となります。ranking

   
 

« MBS買い支えに公的資金投入か? | トップページ | キャリー取引が活発化 »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40434843

この記事へのトラックバック一覧です: エコノフィジックス (econophysics):

« MBS買い支えに公的資金投入か? | トップページ | キャリー取引が活発化 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ