« IMF出資比率に関する見直し案 | トップページ | 最大60万人の雇用創出(米国) »

2008.03.30

百日ぜきの患者が急増

 国立感染症研究所感染症情報センターの調査結果

 国内の小児科3000か所からの報告によると、激しいせきが続く百日ぜきの患者が、今年は過去10年間で最も速いペースで増加していることが、でわかった。

 今年に入って確認された患者は664人(3月16日現在)で、昨年同期(331人)の約2倍となっている。
 大人も含めた全体の患者数も急増しているとみられ注意を呼びかけている。

 百日ぜきは、春から夏にかけてが流行のシーズンとなる。

 風邪に似た症状で始まり、大人の場合は長引く激しいせきのほかは、比較的症状が軽いのが特徴であり、発症に気づかないケースも珍しくない。

    

« IMF出資比率に関する見直し案 | トップページ | 最大60万人の雇用創出(米国) »

新型インフルエンザ など」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40691487

この記事へのトラックバック一覧です: 百日ぜきの患者が急増:

« IMF出資比率に関する見直し案 | トップページ | 最大60万人の雇用創出(米国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ