« 湾岸諸国の通貨統合計画 | トップページ | 湾岸諸国の格差拡大により地域的な安定感が低下 »

2008.04.06

FX業者の破綻4件目

 外国為替証拠金取引(FX)業者の

      ニッツウトレード(東京都千代田区)

は4日、東京地裁に破産を申し立て、破産手続き開始が決定した。

 同社は証券取引等監視委員会による検査で

       債務超過 

が確認され、3月に金融庁から業務改善命令を受けて増資を模索したが、引き受け手が見つからなかったもの。
 FX業者の破綻は相場急変以降、エフエックス札幌(札幌市)、アルファエフエックス(東京都港区)、日本ファースト証券(東京都中央区)に続いて4件目となった。 

 金融庁は同日、10月までのすべての業務停止命令と保証金保全などの業務改善命令を出した。  

 顧客は1月末段階で約500口座、預かり保証金は約10億円だが、相当の減額は避けられない見通しとなっているようだ。  

 金融庁によると、同社は昨年4月ごろから

      預かり金と自己資金の分別管理

が不十分なまま自己取引を開始し、サブプライム問題から相場が大きく円高に振れた昨年8月の相場急変で大幅な損失を出し、財務状況が悪化していた模様だ。

 サブプライム問題による為替相場の急変以降、金融庁は、FX業者の経営に警戒を強めており、証券取引等監視委員会と連携して監視を強化している。
 昨年秋から金融庁は、FX業者約120社の経営管理状況を点検するため一斉調査を実施している。
 サブプライムによって自己取引に影響を受けているかどうかや、顧客資産との分別管理がされているかどうかを点検していたもの。

 

 

« 湾岸諸国の通貨統合計画 | トップページ | 湾岸諸国の格差拡大により地域的な安定感が低下 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40791856

この記事へのトラックバック一覧です: FX業者の破綻4件目:

« 湾岸諸国の通貨統合計画 | トップページ | 湾岸諸国の格差拡大により地域的な安定感が低下 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ