« 米ドル下落は主にカナダ・ドルの負担か | トップページ | あらゆる事態を想定して対応 »

2008.04.13

患者減に「長期休校」有効

 ロンドン大などの共同研究グループは、現在のインフルエンザよりはるかに致死率が高いと推定される

      新型インフルエンザ

が流行したとき、終息までの長期にわたり流行地域内の学校をすべて閉鎖すれば、ピーク時の患者数を4割減に、総患者数も13~17%減らせるという予測結果を発表した。

 現実問題としては、これだけでは感染拡大を押さえ込めないが抗ウイルス剤やワクチンなどを事前に備蓄できない場合に選択肢の一つとしても注目される。

 感染する環境からの回避効果でリスクとの接触機会低減効果があり、感染リスクを減らす手法としては一考の価値がありそうだ。
 現実問題として、就労者の感染ルートの切断は難しく、家庭を中心とした場合の流入元ルートが学業部分からの流入が減るという事になり、何もしないよりは少し良いということかもしれない。

 

« 米ドル下落は主にカナダ・ドルの負担か | トップページ | あらゆる事態を想定して対応 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40864318

この記事へのトラックバック一覧です: 患者減に「長期休校」有効:

« 米ドル下落は主にカナダ・ドルの負担か | トップページ | あらゆる事態を想定して対応 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ