« 生活費を押し上げている要因 | トップページ | 不動産投資ファンドで109億ドル(約1兆1100 億円)を調達 »

2008.04.02

湾岸におけるペッグ制度の維持は...

 ムハンマド・ビン・ラシド・マクトム首相(アラブ首長国連邦 UAE)の発言(1日)

    要  件  北京から上海へ向かう機内で記者会見

(発言概要)

 通貨ディルハムの米ドルとのペッグ(連動)制を維持するかどうかを

     検討する委員会

を設立したことを明らかにした。

 この委員会はペッグ制を維持する場合としない場合の利点を主に検証するもので同委員会から報告書の提出を受けることになると述べた。

 ただ、委員会に関する具体的な日程には言及しなかった。   

 米ドルが対ユーロで過去1年に14%下落し、FOMCの利下げにより、原油取引の主軸通貨である米ドルの下落の影響を受けて湾岸地域のインフレが高進しており、UAEのほか、サウジアラビアやカタールなど湾岸諸国は米ドルとのペッグ制を廃止するよう市場から圧力を受ける状態となっている。

  

« 生活費を押し上げている要因 | トップページ | 不動産投資ファンドで109億ドル(約1兆1100 億円)を調達 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40729716

この記事へのトラックバック一覧です: 湾岸におけるペッグ制度の維持は...:

« 生活費を押し上げている要因 | トップページ | 不動産投資ファンドで109億ドル(約1兆1100 億円)を調達 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ