« 信用収縮の最悪期は過ぎた | トップページ | 資金需要は低調 »

2008.04.16

原油需要がより顕著に冷え込む可能性

 石油輸出国機構(OPEC)の発表(15日)

 4月の月報では、米国の景気減速とガソリン価格上昇への懸念が高まっているため需要がより顕著に冷え込む可能性があり、これが第2四半期需要のさらなる減退につながる恐れがあると分析した。

  OPECは2008年全体の原油需要見通しについては

       日量8697万バレル

で据え置いた。
 なお、
 OPECは次回総会が行われる9月まで生産枠の見直しを予定していない。
 これは前年を120万バレル上回る。

 OPECは世界の原油生産の40%強を占めている。

 OPEC当局者は今月20-22日にローマで開かれる会議で、石油市場の状況について石油消費国と協議するとみられている。

     

« 信用収縮の最悪期は過ぎた | トップページ | 資金需要は低調 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40893750

この記事へのトラックバック一覧です: 原油需要がより顕著に冷え込む可能性:

« 信用収縮の最悪期は過ぎた | トップページ | 資金需要は低調 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ