« 今週のポイント | トップページ | 黄砂に有害物質が付着 »

2008.04.07

ユーロは10日の欧州中央銀行理事会後のトリシェ総裁記者会見に注視したい

 先週の外為市場では、欧米投資銀行の資本増強策等を受けて落ち着きを取り戻した感じだが週末は小安くなり始めた。

 今週は金融市場での信用不安後退の持続性を見極める動きが続くと予想され、米ドルは、一進一退を繰り返す展開となる見込みだ。

 ユーロの注目点は、10日の欧州中央銀行理事会後のトリシェ総裁記者会見の内容で、拡大する欧州経済のCPIが上昇する流をうけて、インフレに対するタカ派姿勢が示されるとユーロが大きく上昇する可能性も高い。

   

« 今週のポイント | トップページ | 黄砂に有害物質が付着 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40798456

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロは10日の欧州中央銀行理事会後のトリシェ総裁記者会見に注視したい:

« 今週のポイント | トップページ | 黄砂に有害物質が付着 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ