« 利下げ効果には疑問 | トップページ | 巨大なリスク »

2008.04.27

食料不足に対する懸念

 国連は最貧国向けの食料調達コストが大幅に上昇していると警告しており、アジアでコメ価格が急騰したことをきかっけに、食料不足に対する懸念が世界的に広がっている。

 米国では、今週ウォルマート・ストアーズ傘下の会員制ストア「サムズ・クラブ」でコメを買いだめする動きが出ており、政府が食料不足を否定する騒ぎになっている。

 コメ価格は、シカゴ・ボード・オブ・トレード(CBOT)のアジア時間取引やタイ市場で最高値を更新した。  
 アジアの指標取引となるタイ産コメは今週に入って5%上昇し、1トン=1000ドル台に乗せた。

 アフリカやハイチでは、燃料・食品価格の高騰を受けて暴動が拡大しており、国際通貨基金(IMF)は、食料問題に関連して、アフリカを中心に10カ国と支援に向けた協議を進めている。

 国連の世界食料計画(WFP)のシーラン事務局長は、食品・原油価格の急騰で、最貧国向けの食料支援コストが40%近く増加したと指摘した。
 支援国がコスト増加分を補わなければ、WFPは業務縮小を迫られると述べた。

 今回の食料危機は、昨年インドが国内供給確保のため輸出規制を導入したことをきっかけに拡大したもので今週には、米国まで余波が及んだ。

« 利下げ効果には疑問 | トップページ | 巨大なリスク »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40994986

この記事へのトラックバック一覧です: 食料不足に対する懸念:

« 利下げ効果には疑問 | トップページ | 巨大なリスク »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ