« FSFについて | トップページ | FOMCの利下げ局面が終わりそう... »

2008.04.25

外貨準備における通貨の構成

 ユンケル首相兼財務相(ルクセンブルク)の発言(24日)
   ユーログループ議長を兼務

(発言概要)

 ロシアのプーチン大統領との会談を控え、ロイターとのインタビューで外貨準備を大量に保有する国はその通貨構成を変更すべきではないとの考えを示した。

 ユンケル議長は、ロシアやその他の国々が外貨準備における通貨の構成を変えることを望まない。現状維持が好ましいと述べた。

 為替相場の動きが余りにも不安定で、ユーロ圏経済にとって好ましくないとする従来の考えをあらためて示した。

 IMFのユーロ圏経済成長見通しについて

     余りにも悲観的

と指摘した。
 欧州委員会は今月に独自の見通しを発表するが、それはIMFの見通しより強い内容となるだろうと述べた。

     

« FSFについて | トップページ | FOMCの利下げ局面が終わりそう... »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40986496

この記事へのトラックバック一覧です: 外貨準備における通貨の構成:

« FSFについて | トップページ | FOMCの利下げ局面が終わりそう... »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ