« 利下げに積極的ではない姿勢(BOE) | トップページ | 荒波 »

2008.04.23

国際エネルギーフォーラム(IEF)

 国際エネルギーフォーラム(IEF)は22日閉会した。

    ローマで開催

 原油の生産国と消費国が地球温暖化問題などで協力関係を強化することなどで合意し、議長声明を採択して閉幕した。

 ただ、原油価格の高騰対策を巡って、市場への供給拡大のため増産を求める消費国と、これに否定的な産油国の溝は埋まらず、相場の安定に向けた具体策は示せなかった。

 今回の会議では、原油相場を鎮静化させる対策については双方の見解が分かれた。  

 日本などの消費国は、産油国側に対し、増産に乗り出す姿勢を市場に向けて明確に発信するよう要請した。
 しかし、石油輸出国機構(OPEC)の加盟国などは、「供給は十分に足りている」と従来の姿勢を崩さず、短期的には増産を拒否した。

 実際問題として、原油市場の価格を決める目安としてのNYMEXのWTIの市場規模は1兆円未満であり、資金緩和の流れから見れば資金が流入する事により値が飛ぶ状態であり、インフレをコントロールする事の方が重要と見られる。
 需要については、中国やインドの消費量が増加している影響も見逃せないが、需要以上に価格上昇が激しいため投機的な動きを止める事のほうが必要かもしれない。

« 利下げに積極的ではない姿勢(BOE) | トップページ | 荒波 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/40967214

この記事へのトラックバック一覧です: 国際エネルギーフォーラム(IEF):

« 利下げに積極的ではない姿勢(BOE) | トップページ | 荒波 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ